山田航平「眠る」

連載記事のテーマ「眠る」を描かせて頂きましたが、日にちが15日までとは「目を覚めまして」から見ておりませんでした!まだ「自分」の意識は「眠る」ことに終始しているようです!
失礼しました!冗談です。
1日遅れての掲載が可能でしたらよろしくお願いします。

私は日々「悪」という名の自分と闘う者である。
私は毎日己に嘘を吐いているのか?
私は毎日己に信を持ち生きているか?
私は毎日己に悲しみを抱き生きてるいるのか?
私は毎日己に研鑽しようという気概を奮起しているのか?
悪「あ〜また〜
お前良いこと言おうとしてるな〜」
《おちゃらけたような言い方》
と「悪」の自分が囁き私をイラつかせる(笑)
しかし、私にいつも安息を与えてくれるのは
「眠る」という「悪」も「善」も存在しない
「無」の世界という「極楽」への誘い〜
これが無くては何かに「目覚める」という感覚も体感できないのだ〜!(欲望こそ人としての有るという姿)それを認めた時に人は「眠り」から「目覚める」時がくるのかなぁ〜
「お前〜また〜また〜何かわかったようなこと言って〜何もわかってないのにね〜」
と「自分」が言う声が聞こえてくる(笑)
ハッ!「悪」じゃなくて「自分」が言っているって言っちゃった!
って!どちらも「自分」か!
区切る為に「眠む」りに付かなくては!
ではまた「明日」(笑)

山田航平

0コメント

  • 1000 / 1000